キャッシングの審査の基準とは

キャッシングをする時に必ず行われる審査というものがあります。多くの方はこの審査に関して不安を持っていると言えるでしょう。審査に落ちれば当然キャッシングはできませんので、キャッシングの審査はどのような事が基準になっているのか知りたいと思っている方は少なくないはずです。そんな方のためにも審査基準に関する情報をここで提供したいと思います。基本的に金融会社などによって細かい審査の基準は異なる傾向にあります。A社で審査に通らなくても、同じ条件でB社の方には通るという事もよくある話です。ですから、明確な基準はわからないというのが事実なのです。とはいえ、大まかな共通する基準は存在しています。まずは安定した収入があるかどうか、そして過去に金融事故がないかどうかです。この二つをどこまで厳しく定めているのかというのは、その金融界社や銀行次第という事になります。キャッシングをしたいと思っていて、審査の基準はどのようなものなのか興味があったという方は、是非ともここで紹介をした事を参考になさってみてください。明確な基準はわからないかもしれませんが、どのようなところが見られるのかわかれば対策もしやすいと言えるのではないでしょうか。多くの方のお役に立てれば幸いです。

キャッシングの審査で失敗しやすい人

利用するために審査を受けなければならないキャッシングですが、失敗しやすい人とそうでない人がいます。失敗しやすい人については、とにかく問題を起こしており、利用することができないと判断されている人です。過去に問題を起こしていて、返済がしっかりされていないとか、弁護士の力を利用して債務整理をしているといったことがあれば、基本的に利用することはできなくなっています。ただ、数年経過することで通過できる可能性はあるので、利用している人でも、しばらく待ってみると利用可能になることもあります。しかし貸金業者はしっかりとした判断をしているので、1年くらい待っていれば大丈夫ということではありません。最低でも5年程度、長い人だと10年程度待たないと審査を通過できないことがあります。こうして過去に要らない情報が入っているなら、それを消すまで待つしかありません。他に失敗しやすい人として、収入が不安定な状態になっている人が挙げられます。審査というのは、収入の安定を前提として考えることが多いため、安定していない人は通過させないようにしています。フリーランスや自営業など、かなりの収入を持っていても、安定している状態と見られないと落とされてしまうのです。

キャッシング審査の内容を知る

キャッシングの審査をこれから受けようという方、審査内容は一体どのようになっているのかご存知でしょうか?年収を聞かれるなどは想像つくかと思いますが、キャッシング審査には幾つもの項目がございます。その基準となるものが与信スコアリングシステムと言い、それを元に審査結果が判断されるのです。では実際にどのようなものが判断基準なのか?例を挙げますと勤務先や雇用形態、年収に勤続年数が代表的ですね。公務員や大企業の正社員であったり勤続年数が長く年収が高ければ高いほど属性が高く、審査に通りやすくなります。続いて住居形態も与信にかかわり、本人が名義の持ち家であれば属性が高く公営住宅では属性が低いと判断されます。加えて居住年数も重要であり、10年以上であれば属性が高いと判断されるのです。さらには家族構成も判断基準、独身で家族と同居しているという場合は属性が高く、独身で一人暮らしという場合は低いと言う判断となります。もちろん上記だけで審査が通るというわけではなく、そのほかにも他社の借り入れ件数やこれまでの返済実績などが審査には大きく関わりますので注意が必要です。少しでも審査に有利となるようにキャッシングのお申し込みをする前にこれらのスコアリングシステム内容をチェックしてみると良いでしょう。

キャッシング審査の流れと所要時間

キャッシングの審査には、コンピューターによるものとスタッフによる調査のふたつのステップがあります。収入など信用力の評価はほぼコンピューターですべて行われるので、スタッフがその結果を確認し、提出された書類と突き合わせて内容を確認するという流れになっています。査定のスピードはコンピューターの導入によって飛躍的に上がっています。最近では珍しくない最短30分というキャッチコピーもこのコンピューターの活躍による部分が大きいです。査定はスコアリングシステムという、点数制での評価となります。この点数が基準を上回っていれば合格することができます。このコンピューターによる選別は数秒で終了するので、実質的に時間がかかるのはスタッフによる確認作業のパートとなります。もし、なかなか結果の通知が来ないという人の場合、ここで進行がストップしていることがほとんどです。在籍確認は休日中は行えませんし、基準ギリギリの案件の場合は、より権限のある上司の決済待ちになります。また、単純に申込件数が多い場合も結果の通知は遅れがちになります。朝一番やお昼どき、夕方の勤務時間終わりあたりが申し込みの多い時間ですので、これらの時間帯を外して申し込むと結果の通知までスムーズに進むでしょう。

最短即日融資キャッシング

お金に困ったときの味方としてはキャッシングが存在しますが、そのキャッシングでも最近だと最短即日融資キャッシングができるところが多くなってきています。今回は万が一のことに備えてこの即日融資の流れや方法について説明していきたいと思います。このキャッシングでの即日融資ですが、方法としてはインターネット上での申し込みと実店舗に行って行う方法がありますが、より確実な方法として今回は実店舗に行って申し込みをする方法を説明します。実店舗といっても有人の店舗と無人契約機が存在しますが、基本的には申し込み方法は変わりありません。申し込み時間は営業時間内になりますが、大体の場合には無人契約機の方が夜遅くまでやっています。必要なものと言えば本人確認書類として免許書や健康保険証が必要になるほかに、借入希望額に応じては収入証明が必要になるのでこちらは事前に準備しておく必要があります。店舗内にはいってからは契約書を書いたのちに手続きに入りますが、無人契約機での場合には音声ガイダンスに従ってパネルに必要事項を記入しましょう。そして本人確認書類を提出した後は審査となりますが、これは即日融資を謳っているキャッシングでは最短で一時間ほどになり、その後結果が出て審査に通過した場合にはその場でカードが発行されて、店舗内やATMでの即日キャッシングが可能となります。

悩みごとやストレスから解放されました。

まず利用したキャッシングはモビットです。

現在はひとり暮らしをしておりフリーターとしてアルバイトで生計をたてています。

長く続けている地元のパチンコ店の仕事を減らし、掛け持ちで違う仕事をしようと様々な仕事を探し、実際に働いていました。

アコムからの借入

タイトル通りアコムさんから現在30万円のキャッシングがあります。

最初は思わぬ出費などが重なったため生活費もうまくやりくりできなくなり止むを得ず友達のオススメでアコムの窓口に訪れました。

対応はすごく丁寧でお金を借りに来たということを忘れそうな雰囲気でした。

キャッシング

以前にキャッシングを利用していました。

キャッシング会社は合計4社利用させてもらいました。

まずキャッシングは意外と簡単に利用できるもんなんだなっていうのが一番ビックリしました。

借金という背徳感

きっかけはカードの支払いに残高が足りなかったこと。

昨年家を新築し、住宅ローンに苦しみながら、それでもカードの支払いは今までと変わらず。

カードは旦那が持っているのですが、毎月の支払いが平均18万くらい。

助かったー!!

先週のうちに、送別会があることは分かっていたのですが、まあ一週間あるし…といつもの先延ばし癖を出してしまったのが失敗で、会費が五千円、まあそう高くもないし、お金を用意しておかなくちゃ、という気持ちも湧きませんでした。

ところが、年度末、月末にかかるじきだったので、水道光熱費を支払い、ネット通販を支払い、としているうちに財布の中身が千円札二、三枚になったままで、送別会前日を迎えてしまいました。

お昼休みには絶対にATMへ行っておかないと、と思っていたのに、仕事が立て込み昼休みを取り損ねてしまいお金を下ろせず。